3dsmax2018でプレビューのコーデック選択を押すと落ちる件の対処法

2018年9月27日

問題

3dsmax2018でプレビュー作成の「コーデックを選択」ボタンを押すとアプリケーションエラーで強制終了されてしまう。

原因

logitech video codecが入っていると発生する。

他のコーデックでも発生することが判明しました。コーデック周りを疑ってアンインストールしていくことで解決できる可能性が高いです。

手元ではlogitech vide codecとffdshowで現象を確認しました。

対処方法

%WINDIR%\system32 フォルダ内にあるlvcod64.dll(または類する該当コーデックのdllファイル)を削除する

問題のlvcod64.dllはLogitechのWebカメラのドライバなどに含まれているようで、私の環境ではLogitechのC270というWebカメラをインストールしたら追加されました。

このコーデックはドライバインストーラ(Logitechから配布されているlw###.exe(###はバージョン)でインストールを行い、Webカメラ本体を接続した時点でSystem32フォルダ内にコピーされるようです。インストーラだけを終了した時点では追加されませんでした。

このコーデックを削除すると当然ながらLogitech Video Codecが使えなくなりますが、これが使えなくてもWebカメラの使用には支障が無さそうなのでひとまずこれを削除するという方法で対処しました。

Max2018側でこのファイルだけロードをスキップするようなことができればもっとも良いんですが。ここで例外をキャッチしたらそのコーデックはスキップするとか、そういう処理にできないでしょうか、Autodesk様。

 

3dsmax

Posted by rain